• 生きた化石、イチョウ葉は血管拡張効果が凄い

    秋になるときれいに色づくイチョウ。銀杏も食用として利用され、馴染み深い木の1つです。でも、その葉にペニス増大・勃起力強化の効能があることはあまり知られていません。ここでは、その隠れた効能について解説します。

    1. イチョウ葉は生きた化石。血管拡張効果に優れている

    イチョウは生きた化石とも呼ばれる植物で、1億年以上前から存在しています。近い種類の木はいずれも絶滅してしまい、イチョウだけが生き残っているのです。含まれている成分も、それだけ貴重なものであるといえます。

    中国では、昔からイチョウ葉を気管支炎や呼吸困難の治療薬として用いてきました。これは血管拡張作用があるからです。記憶力の改善や抗うつ効果も期待できるとされ、欧米でもサプリメントが販売されています。ドイツでは、成分が医薬品として扱われています。

    2. 脳の毛細血管の血流まで改善し、脳を活性化する

    イチョウ葉の成分で注目したいのが、抗酸化作用のあるフラボノイド、血小板活性化因子を抑えてくれるギンコライドです。これらの効果によって、血管は頑丈になり、血行も促進されます。結果、ペニスの血流量が増え、勃起力の強化が期待できるのです。

    血行促進の効果を持つ成分は他にもたくさんあります。しかし、イチョウ葉の成分は、脳の毛細血管の血流まで改善してくれるのが大きな特徴です。これによって脳が活性化すると、成長ホルモンの分泌促進が期待できます。ペニス増大の一助になるというわけです。

    • 薬との併用やアレルギーに注意する必要あり

      3. 薬との併用やアレルギーに注意する必要あり

      イチョウ葉は主にサプリメントで摂取します。1日の摂取目安量は、多くてもエキス240mg程度とされています。血液を固まりにくくする効果があるため、もともとそのような薬を服用している人は、摂取しないようにしましょう。

      また、自分でイチョウ葉を集めてきて煮出して飲む、ということも避けた方が無難です。こうして作ったお茶には、アレルギー物質であるギンコール酸が濃縮されている可能性があるからです。摂取はサプリメントで行いましょう。

    まとめ

    身近な存在のイチョウ葉ですが、このようにたくさんの優れた効果があるのです。成長ホルモンの分泌促進が期待できるということは、成長期に摂取するとさらなる効果が見込める可能性があります。ぜひ使って力強いペニスを作りましょう。

Top