• ガラナでアドレナリン大量放出

    北海道では炭酸飲料の材料として有名なガラナは、精力剤の成分としても優秀です。北海道以外ではあまり馴染みのない成分かもしれませんが、全国に広めたくなるほどのパワーを秘めています。ここでは、その素晴らしい効能についてまとめました。

    1. 驚異! コーヒーの3倍のカフェイン(ガラニン)を含む

    ガラナは南米のアマゾン原産の植物です。薬用に用いられるのは種子の部分です。現地の人々は、昔から興奮剤や頭痛薬として使ってきました。最近では日本でも効果が着目され、栄養ドリンクやガムなどに配合されるようになりました。

    特徴的な成分はガラニンです。これはカフェインと非常によく似た物質です。ガラナに含まれるガラニンの量は、コーヒーのカフェインと比較して3倍にもなります。この豊富なガラニンが精力増強の効果を生むのです。

    2. アドレナリンの分泌を促進して勃起力強化

    ガラナを摂取すると、興奮を抑える脳内物質であるアデノシンの作用が抑制されます。すると、興奮作用のあるアドレナリンの分泌が促進されます。その結果、興奮が高まるとともに全身の血流が増加し、勃起力を強化してくれるのです。

    また、ガラニンはカフェインと比べて体内に残りにくいという特徴があります。カフェインは優れた覚醒作用を持ちますが、効果が長く続くため副作用の心配がありました。摂取量がコーヒーの3分の1ですむ上、効果を引きずらないのは魅力的です。

    • 過剰摂取には注意。コーヒーよりも量に気をつけること

      3. 過剰摂取には注意。コーヒーよりも量に気をつけること。

      ガラナは副作用もカフェインと似ています。過剰摂取により、頭痛や吐き気、不整脈、不眠などの症状が出ることがあります。コーヒーやお茶を飲みすぎた時と同じというわけです。効果がコーヒーの3倍である以上、摂取量にはより注意しなければなりません。

      サプリメントの摂取目安量は、エキスの濃さにもよりますが、1日あたり200mg~1,000mg程度といわれています。体から抜けるのが早いとはいえ、気をつけて使用しましょう。

    まとめ

    普段からコーヒーの飲み過ぎに注意している人がいるように、カフェインも十分強力な物質です。その3倍のガラニンを含むガラナは、まさに驚異の植物なのです。適切に使えばコーヒーよりも安全ですから、ぜひガラナのパワーを味わってみてください。

Top